花の色は移りにけりな・・・

  • 2020.05.14 Thursday
  • 10:19

 

 

切り花って苦手でした

 

貰った時は

「うわ〜♪」と思いつつ

「うわー・・・」とも思っていた

 

なんというか

責任感の重圧にめげる・・・

 

 

きれいな花束を

ばらばらにして

花瓶に挿すのも結構な気を遣うし

(その段階で花が折れると心が折れそうになる)

 

見栄えのための葉っぱとかは

大体捨てないと花瓶に収まらないし

(食べられないだろうか?と思うほど活きがよいのに)

 

頑張って花瓶に挿しても

何日かすると

茎やら

葉やら溶けてくるし

 

そのうち花も茶色く変色し

カビが生えたり

ずるずると抜けてご無体な様子を曝す

 

野に咲いてるのが一番良いのでわ・・・と

 

なんで君ちょん切られてるの?と

 

ついつい気の毒になってしまう

 

だいたい

水切りする時に

花は痛くないのだろうか?と

 

そんなことを思うと

しんどい通り越して

めんどい訳で

 

 

だがしかし

 

花は野に咲いていても枯れる

 

人にめでられる為では無く

子孫を残す為に

彼らは精一杯きれいに咲き

人知れず枯れていく

 

花束になってる子は

「ちょん切られる予定」で作られている子たちが多い

 

人間の「愛でたい」欲求の為に

彼らは作られ売られているんだなと

ある日気付いた

 

それからは

花束を貰ったら

精一杯愛で倒して

なるべく長く一緒に居れるように手をかけて

彼らのいる空間を私も楽しむ事にした

 

自分がきれいだと思う物を

人に送りたいと思う気持ちも素敵な事だしね・・・

 

利益を出すために大量生産とか

大量の薬で成長促進とか

少々行き過ぎて

急ぎすぎているのが気になるけど

今の世の中は全てそのルールで出来ている訳だし

 

そのせいで

自分たちも立ち行かなくなりつつ在りそうだけど

 

 

ちっぽけな私に出来ることは

せめて「その花の存在」に感謝する事くらい

 

そして「大量生産で作られた弱い花」を

なるべく長く楽しむ

 

そういう風に全てに接していけば

世の中の「ゴミ」とされやすい物たちが

「護美」に代わると思うから

 

最近発見した花の切り方は

切った瞬間に「痛いね・・・ごめんね」と氣を送る

 

反応があった子は長く咲いてる氣がします

新しい花の蕾が増えてたりするから脱帽

 

枝物は大体根が出るので

普通に家に植物が増えていく・・・

 

このまま育てて・・・売るか?(笑)

 

 

そろそろ半月・・・

 

誕生日からこっち

我が家は花屋さん状態♪

連日の花屋作業



・・・誕生日の時くらいで良いかな

 

 

 

 

 

今日も星がきれいです

  • 2020.05.03 Sunday
  • 05:41

 

なんだかんだとバタバタしている間に

早い物でもう・・・五月

 

2020年は年初から

何か「良い事」が起こる予感がしていたのだけど・・・あれ?


ヒラヲでございます

 

 

皆様いかがお過ごしでしょうか?

 

 

このところのバタつきが

漸く収まってきましたので

そろそろ薄情・・・白状といいますか

ご報告といいますか

 

実は先月、日本におりました(えへ)

 

 

なぜならば〜

 

 

 

 

父がお星様になりました 

 

 

 

 

ちなみにコロナではありませんよ

 

 

 

 

もう本当に

 

「・・・え!・・えっ?」

 

って二度聞きするくらいあっけなく

なんなら気持ち良いくらい潔く

逝きました

あの方は

 

 

 

 

わが父ながらお見事!!

 

うっかり死んだ可能性も否めないけど

 

 

 

逝く人は何もかも置いていきますから

これ以上心配する必要もないんですけども

残された母が心配で・・・

 

 

 

丁度コロナ君達が

オランダでもちらほら顔を利かせ始めた矢先の

3月10日

 

どうやらこの世に戻って来ないらしい

と成りまして

 

「・・・よりによって今?」と

 

悲しまれつつ若干の怒りを覚えられる

珍しい送られ人

 

比較的現在も感染が静かなオランダ北部

でもそこから

スキポール空港へ行き

成田へ飛んで

町田の実家

85歳になった母の元へ・・・?

 

 

うーむ・・・

 

 

そこから先の一週間は

禿げ散らかしそうなほど悩みました

 

 

流石に父親の葬儀です

 

彼の顔形を

見る事も触る事も

これが最後です

 

兄の「出来るなら、いや出来る限りで戻ってこい」

 

の言葉に

もう

うなずく事にしました

 

運を天に任せて

 

そんな私を心配してくれた旦那さんも

一緒に帰国

 

とにかく

気を付けるだけ気を付けようと決心して

 

 

道中は不思議な感じでした

あんなに空いている空港を見たのは初めて

 

当時報道されていたほどの警戒態勢は無く

「いいのか?」

と思うほどさっくりと成田空港を後にして

現実味と親近感の無い「ざ、葬儀」の世界へ

 

 

いつもドアを開けると真っ先に出てきて

重たいスーツケースを運んでくれる父が

出てこない不思議

 

いつも父が座っているソファーに

母と姉が座っている不思議

 

テレビの音より

人の話し声が大きい不思議

 

いつでもお茶を入れてくれる父の湯飲みが

急須の横に伏せてある不思議

 

などなど

 

もう不思議満載の世界です

 

人が死ぬって

 

こういう事なんだなあ・・・って

 

すっと

 

本当に

 

すっと

 

いない

 

ただ

 

居ない

 

 

 

そんな「いない」空間で

みんな戸惑いつつ

 

「居ない」事を忘れて

いつものように笑って

 

 

霊安室で横になる父を見ても

流れてくる涙の意味が分からないくらい

心と感情が紐づかないという

奇妙な時間を過ごしました

 

 

そして

 

火葬場の扉が閉まった時に

 

ああ

 

本当にこの世にはいなくなったのか・・・と

 

火葬場の扉があの世の入り口なんだなって

 

なんか

 

思いました

 

 

 

後は母とジックリ2週間

 

父のいなくなった部屋で

母が心の行き場を見つけられる様に

父との面白話をしつつ

時々泣きつつ

あれこれと・・・

 

病院で伝説になるほどの回復を見せてはいても

脳梗塞で少し左が不自由な母

 

頑張りすぎるのが心配なのに

頑張ってと言うしかなくて

 

父と二人で子犬の様にじゃれて過ごしていた

ホンの数週間前の事を思うと

心細そうな背中がキツイ

 

「由美の飛行機飛ばないといいのにな〜」って

笑いながら・・・

 

 

現在は幸い(?)

姉も兄も仕事量が少なくて

母と一緒に過ごすことが出来るそうで

とても心強い

 

父の「このタイミング」の狙いがこれだったのか・・・と思うのは

ちょっと

買いかぶりかなあ(笑)

 

 

小さいときは私のヒーローで

物心着いた時からは厄介者で

80過ぎたらアイドルだった

無骨だけど

ひょうきんで

何より母を心から愛していた父

 

彼は閻魔様に嘘をつくこともないだろうし

きっと天国への道中を楽しんでいる事でしょう

おしゃべりが好きだから

誰か旅の友を見つけて・・・

 

ちなみに

お通夜では見知らぬ人に間違えてお線香をあげられ

49日は朝から大雨警報クラスの嵐が

お坊さんがお帰りになったら

カラッと青空

 

ただでは死なない男です

 

ビバ

 

パパちゃん!!

 

 

 

 

 


PS. 書き殴って終わってしまってましたが


改めまして


生前父がお世話になり

ありがとうございました。


こんなご時世なので

家族葬で見送りました


父の顔を見にきてと

お伝えする事が出来なかった事もあり

ご挨拶が遅れまして

失礼致しました。


今後とも

どうぞよろしくお願い申し上げます。

 

ユミ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今の所思い付く最強の免疫力アップ法

  • 2020.02.27 Thursday
  • 09:07

JUGEMテーマ:日記・一般

 

 

お久しぶりの更新でございます

 

皆様

お元氣ですか?????

 

いやあ・・・中々ぶったまげな状況ですね〜世界的に

 

オランダの空港は早くから中国との渡入航を停止していたようですが

中国、日本を含むアジア各国から「帰国した人」に対しての対応は

それほど厳密では無い様で

(というか検査通った後に発症する訳でしょ?難しいですよね・・・)

 

イタリアでも感染が始まってるそうですし

オランダも時間の問題なのでしょう

 

 

今回の事で

露骨に感じたのは

「情報」という物の危うさと・・・うさん臭さです(笑)

 

人は自分が思ったように世界を見る癖があり

恐怖は人を支配しやすいらしく

 

善意にかられると

発狂に近い強さをも発揮する時があるらしい・・・とか

 

前から思っていましたが

こういう世界を挙げてのエマージェンシーには

露呈しますね

 

それぞれが

それぞれの善意で発信している事で

結構なスクランブル交差点感な今

・・・くたびれちゃいますな

病気になりそう(笑)

 

 

 

こういう

 

実際はどうなのか(ウイルスの凶暴性に関してすら)の

 

本当の所が全くわからない大騒ぎの最中

 

出来る事は何かなと思えば

 

 

 

先ずは自分が元氣でいる事かな!と

 

 

 

 

あまりに普通ですみませんが

 

ほんとこれに尽きると思うのです

 

 

 

自分の体がもっている免疫力を

 

恐怖心や疑心暗鬼で下げない為に出来る事・・・

 

 

 

おすすめの一つ

 

随分昔に裕子ちゃんが言っていて

 

今でも私に爆笑と元氣をくれる言葉を

 

皆様にも伝授します

 

 

 

 

 

「えーっとね、、、

 

   裕子は大丈夫!!」

 

 

と言い切る!!

 

 

 

 

 

最強です

 

 

 

 

この「えーっとね」くらいの若干迷ってる溜めが素晴らしい

 

次の「大丈夫」のしっくり感がグッと増量!

 

ちなみに「裕子」の部分は

 

ご本人のお名前でお願いします

 

まあ

 

皆さんに裕子ちゃんの大丈夫感を全力で上げて頂くのも悪くないんですけどね

 

 

そういえば

 

他の友達にこの話をしたときに

 

「〇〇ちゃんは大丈夫!!」と応用したら

 

友達は元氣になってました

 

 

最強!

 

 

 

さっき電話で話した時に本人に言い忘れちゃったけど

 

まあ

 

やってるでしょ

 

本人は・・・

 

 

という

 

折角なら

 

元氣になる情報に

 

踊らされてみるのはいかがでしょう?という

 

不謹慎と思われる可能性もあるけど

 

結構真実だと思いますという

 

ご提案でございました

 

 

 

 

「...あなたは大丈夫!!」

 

 

 

 

かしこ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3賀日

  • 2020.01.13 Monday
  • 07:40

JUGEMテーマ:日記・一般

 

 

 

 

寒中お見舞い申し上げます

 

本年もよろしくお願いいたします♪

 

 

2020年もすっかり通常営業ですね

 

皆様お正月は楽しくお過ごしだったでしょうか?

 

 

三が日に既に文章を作っていましたが

写真のアップに手間取ってる間に10日経ち・・・

 

 

 

 

ってことで

今年は俳句にしてみました

 

”蓬莱に徐福と申す鼠かな” 高浜虚子さんの俳句です

 

 

正月の三賀日が恋しい・・・と嘆きつつ

霧深い2日

友人たちとアムステルダムの国立美術館に

新年早々行ってきました

2020年はアクティブになりそうだ♪

 

 

新年のアムステルダム

 

電車も

カフェも

もちろん美術館も

どこもかしこも旅行者だらけ!!

オランダ語が聞こえて来ないという(笑)

 

珈琲買うのに30分くらいかかった気がします

 

人気あるんだな〜オランダ

 

そしてなぜか車内の掲示板には

日本への旅を誘っているイラストが

 

人気あるんだな〜・・・日本(笑)

 

あ、オリンピックか

 

 

さて私たちのお目当ては

19日に終わる

オランダの巨匠とスペインの巨匠を見比べる的な内容の展示

 

前回のレンブラント祭りの内容に

大興奮だった私たちは

今回の展示に大きく期待して行きました

レンブラントさんは期待ほど飾られておらず

スペインの画家さんの

生真面目さ・・・というか

厳しさが?が私には少々痛々しくて

くたびれました(笑)

 

スペインとイタリアの宗教画って

怖いんだよなあ私

 

皆さんはどう?

 

 

そりゃ〜オランダ人と結婚する訳だわ・・・と

フレッシュミントティをすすりつつ

一人頷くヒラヲでした

 

そんな訳で

ちっとも写真を撮ってきませんでしたので

まだクリスマスの匂いの残る

街の風景をどうぞ・・・

 

 

 

 

 

今年はも少しマメに動いていく所存

 

豆煮て食べたし♪

 

 

 

 

 

 

もやついた2019年も行きます

  • 2019.12.31 Tuesday
  • 10:44

JUGEMテーマ:日記・一般

 

どーも

今一つウィンドウズに慣れていない・・・

 

仕上げた長文が

写真をアップするタイミングで消滅(涙)

 

 

秋の空

 

 

さて2019年も大晦日ですね

 

皆様

新年を迎える準備は整いましたでしょうか?

 

今回は初の伊達巻と黒豆・・・は無いので

謎の赤い煮豆作りに挑戦!

 

お節の飾り物くらいにしか思っていなかった奴らを

自ら作ると・・・いと美味し♪

 

いよいよフードプロセッサーが欲しい

ヒラヲです

 

カレイのミンチを作るのに

ハンドミキサーは不向きと知る

 

 

さて

2019年

どんな年だったでしょうか?
 

年号が変わったり

税金が上がったり(汗)ってのもありそうですが

 

日本は台風に続く台風で

浸水やら

地震やら

 

世界的にもあちこち

山火事や洪水や

今もオーストラリアが大変ですね

 

オランダも

外来毛虫の大発生とか

熱波で酷暑の夏とか

大雨で浸水とか

逆に水不足とか

 

自然のしっぺ返しの

更に多くなった一年だったようにも思いますね

 

環境問題が世界中のテーマになって

良いなと思う反面

それがマスメディアで取り上げられすぎる事に

一抹のきな臭さを感じるヒラヲもおります

 

マスメディアは

それを運営している人たちにとって

旨味の無い話は

煽ったり取り上げたりしない訳なので

 

実際は氷河期に突入しているという説もあるし

統計を背景に語られる話は

いつも半々に聞くようにしています

 

私は自分の生活の中で

ゴミを減らし

プラスティック利用を減らしつつ

物と生き物と人とのつながりを大切に

出来る事をやります

 

個人的には

2018年の大晦日に

フッ・・・と消えた「何か」を訝しがりつつ

やりたいことは見えてるのに

なんだか今一つ形にできない

力が沸かないという

変な一年を過ごしました

 

それも今日で終わります

 

12月に入ってから

急に何かのピントが合い始めました

 

今静かに色々と動いています

2020年はそれを表に出していく事に力を注ぎつつ

彼との生活を大切にして

暖かくて元氣の出る時間を増やしていきたいなと思います

 

「いままで」を振り返れば

今日が一番の年配

「いまから」を望み見れば

今日が一番の若輩

 

死ぬまでは

自分の体を使って動けるのだしね♪

 

 

本年も

色々な方に大変お世話になり

ありがとうございました

 

来年も引き続き

どうぞ

よろしくお願いいたします

 

2019年12月31日

 

ヒラヲユミ

 

 

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

live info

*10/25 (金) 経堂Crazy Love

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM